総量規制オーバーでも借りれるカードローン

総量規制でも借りれるカードローン

総量規制とは

総量規制とは
借り入れについて調べていると、よく「総量規制」という言葉が目に入ります。総量規制とは、利用者の年収の3分の一以上の融資を禁じる規制で、改正賃金業法で定められています。総量規制対象の金融機関と総量規制対象外の金融機関を把握しておくことで、自分のニーズに合ったスマートな借り入れを行うことが出来るでしょう。

≪総量規制対象≫

  • 消費者金融、信販会社などの賃金業法下の金融機関での貸付け

≪総量規制対象外≫

  • その他のカードローン、特に銀行カードローン(銀行法下での適用であって、総量規制の対象外になる)
  • 割賦販売法に基づく契約や分割払い等(自動車ローンなどは対象とはならず、あくまで賃金業者からの借入額で計算されます。)
  • 住宅ローン、教育ローンなど

総量規制でも借り入れ申込みするならココ

 みずほ銀行カードローン
総量規制でも借りれる みずほ銀行カードローン

実質年利 4.0%~14.0%
審査時間 最短即日
ご利用限度額 最高1,000万円
総量規制 対象外
収入証明書 200万円まで不要
みずほ銀行カードローン
金利が4.0%~14.0%で、業界トップクラスの低金利。最大1,000万円までご利用可能で、おまとめローンにもおすすめの商品です。

  • 200万円までなら収入証明書が不要で借り入れ可能。
  • 銀行系カードローンの中でも希少な最短即日利用も可能。
  •  新生銀行カードローン レイク
    総量規制でも借りれる新生銀行カードローン レイク

    実質年利 4.5%~18.0%
    審査時間 最短即日
    ご利用限度額 最高500万円
    総量規制 対象外
    収入証明書 100万円まで不要
    新生銀行カードローン レイク
    2種類の無利息を選ぶ事が可能で、借り入れの全額を30日間無利息にするか、5万円までを180日間無利息にする事が出来ます。

  • 100万円までなら収入証明書が不要。
  • 銀行系カードローンでも最短即日融資が可能。
  • ※即日融資は平日14時までにお申し込みと必要書類の確認の完了が必要です。

     楽天銀行スーパーローン
    総量規制でも借りれる楽天銀行スーパーローン

    実質年利 4.9%~14.5%
    審査時間 最短即日
    ご利用限度額 最高500万円
    総量規制 対象外
    収入証明書 300万円まで不要
    楽天銀行スーパーローン
    上限金利14.5%なので、他社借り入れの、おまとめローン・借り換えローンとしても利用できます

  • 300万円まで収入証明書が不要。
  • 銀行系カードローンでも最短即日の審査が可能。
  • 総量規制対象外の銀行と消費者金融の連携

    総量規制でも借りれるカードローン

    個人向け貸付を行う賃金業者は必ず指定信用情報機関に加入し、指定信用情報機関の持っている情報を用いることが法律で義務付けられています。消費者金融は無担保・保証人不要の小口融資に関しての積み上げられた経験があるため銀行カードローンの審査には保証会社として連携します。

    総量規制対象外の銀行と、債務や取引情報を調べるうえで有利な消費者金融がタッグを組むことで高額融資も可能な銀行でありながら、最短だと即日融資が可能になってきました。

    消費者金融と銀行では審査の仕組みから即日融資などのシステムにさまざまな違いがあるもののネット申し込み・審査が主流になる近年、融資までのスピード差は縮まってきています。そのため、銀行でも即日融資を受けられるケースも多くなってきました。高額融資を受けられ、信用でき安心感のある銀行でスピーディーに借り入れが出来るのは大きな魅力ですね。

    総量規制の計算

    賃金業法の総量規制は、年収の3分の1以上の貸付を原則として禁止しています。「原則として禁止」とあるのは、賃金業法施行規制には総量規制の「除外」または「例外」となる貸付があるからです。

    総量規制における「除外」貸付

    • 住宅購入目的の貸付、住宅リフォーム目的の貸付
    • 高額医療費払い目的の貸付
    • 有価証券を担保にした貸付や不動産を担保にした貸付
    • 不動産の売却資金によって返済が可能になる貸付

    借入の目的が「除外」の対象にあたる場合、既に総量規制の制限いっぱいまで借り入れを行っていたとしても審査を経て、借り入れが出来る可能性があります。ただし、審査に時間がかかる場合がありますし、審査も厳しくなりますから、その点も注意が必要です。

    総量規制における「例外」貸付

    • 住宅購入目的の貸付、住宅リフォーム目的の貸付
    • 個人事業主に対する貸付
    • 緊急医療費払いのための貸付
    • 債務者が一方的に有利となる借り換えなど

    「例外」対象の貸付は、総量規制の貸付残高の計算には含まれますが、たとえ年収3分の1を超える貸付を希望する場合でも
    審査を通れば、例外的に貸付可能になります。ただし、例外の対象に当たる借り入れをした後に通常の借り入れを行いたい場合は、「例外」対象の借り入れ金額も含めた

    借り入れの総額が年収の3分の1以下でなければならないというルールがあります。この点をよく注意して計算しておくようにしましょう。

    総量規制でも借りれるカードローン

    総量規制対象外のカードローンを選ぶかどうかは、借り換えに利用する場合、高額融資を受けたい場合、無利息期間がある方が良いか、貸付の目的は何かなど様々な点をよく考慮して、それぞれのニーズに合わせて選ぶ事をおすすめします。

    貯金がないからとあきらめず、自分のニーズに合った融資はないか調べるなら、夢ある将来設計が出来ますね。それぞれ注意点もありますから、良く調べて性急に決めることのないようにしましょう。

    総量規制に関する質問集

    銀行カードローンは総量規制対象外と聞いたのですが?

    急な出費で困った時、まず思いつくのはクレジットカードのキャッシング?消費者金融?仮にそれらで借入をする場合、年収の1/3以下までに金額が制限されますし、そこでの借入をもし滞納してしまうと、後々まで情報が残って他社からの借入ができなくなってしまいます。

    そこでオススメしたいのが、皆様の身近な銀行で融資を行っている、「銀行カードローン」です。「銀行カードローン」をオススメする理由、それは「総量規制対象外」だから!消費者金融などとは違い、銀行は総量規制の対象外なのです。ですから「銀行カードローン」には「年収3分の1まで」といった制限がありません。

    もしも審査の結果、「年収3分の1以上の融資可能」となれば、消費者金融では貸付できない金額でも融資可能。それが「銀行カードローン」なのです。

    消費者金融やクレジット会社からだと「年収3分の1まで」しか借りられません・・。しかし「銀行カードローン」ならば、年収3分の1以上の金額でも借りられる可能性があるのです!これはとっても便利で助かりますね。

    「銀行カードローン」って専業主婦には敷居が高い?

    「総量規制対象外の銀行カードローン」その特徴は、「専業主婦でも借りられる」ということ。

    決して敷居が高いなんてことはありません。毎日の生活で欠かすことができない身近な銀行で、他所の金融機関より有利な条件で融資が受けられる、それが「銀行カードローン」なのです。(注意:銀行によっては専業主婦への貸付ができないところもあります)

    それがなぜなのか、もっと詳しく説明します。専業主婦は、アルバイトもパートもしていないということなので、自分自身の収入はありません。ですから総量規制対象の消費者金融やクレジット会社、信販会社では、年収(収入)=0円の専業主婦に対しては貸付することができません・・。

    しかし、「銀行カードローン」は「総量規制対象外」。ですから、収入のない専業主婦でも、その配偶者に継続的な安定収入がありさえすれば、即・融資可能となるのです。しかも総量規制対象外なので、年収1/3まで・・といった制限もありません。

    総量規制の導入以来、専業主婦の皆さんは消費者金融から借入が不可能となっていますが、総量規制対象外の「銀行カードローン」であれば、専業主婦の皆さんも融資を受けることが可能なのです!

    銀行カードローンの魅力について教えて下さい。
    1. 経営が確かな銀行からの貸付、なので消費者金融よりもずっと低い金利
    2. 審査で可能と判断されれば「年収3分の1以上」借りることも可能
    3. 返済がラクになるよう、「おまとめ」「借り換え」などのローンも充実
    4. 収入を証明するものがなくても融資可能
    5. 専業主婦でも融資可能
    6. 提携ATMの利用手数料無料

    消費者金融と比較した場合ですが、銀行カードローンの場合、消費者金融に比べて圧倒的に低い金利で融資が受けられます。これが最大のメリットともいえます。ここで、50万円を消費者金融と銀行カードローンで借りた場合の金利を比較してみます。

    • 消費者金融    → 金利は17.8%~18.0%
    • 銀行カードローン → ほとんどが金利15%以下、最も低い銀行では12.475%!

    説明するまでもありませんが・・。借入(融資)を受ける際、金利が低いほど、利息は少なくなり、返済がラクになります。少しでも返済をラクにして、生活のクオリティを下げたくないとお考えなら、断然「銀行カードローン」を選ぶべきでしょう。

    また、消費者金融から専業主婦への貸付は禁止されています。これも専業主婦が「銀行カードローン」を選ぶべき理由のひとつです。他には日々の生活で身近な銀行で融資を受けられるのが安心、というのも魅力のひとつですね。

    ビジネスローンと生活資金への利用の注意点

    ビジネスローンとは?

    ビジネスローンのイメージ

    おまとめローン
    通常のフリーキャッシングとは別に、事業資金として借入れを行えるのがビジネスローンです。

    このビジネスローンは提供される金融機関によっては事業者ローンなどと呼ばれることもありますが、内容は同じものです。

    主に個人事業主や小規模事業の経営者を対象としたローンなので、そのような人でないとこのローンは利用できません。

    このローンを扱っているのは銀行や消費者金融ですが、銀行ではこのようなスタイルでの融資ではなく、事業者として個別の案件となる場合や、事業者向けのカードローンを用意していることが多くなっており、主に消費者金融などの一般の金融業者から提供されています。

    フリーキャッシングとの違いは?

    ビジネスローンのイメージ

    このビジネスローンとしての借入れは総量規制の例外となる為、年収の1/3を超える借入れが可能です。

    フリーキャッシングとは違い、契約の際には収支報告者や事業計画書、返済計画書など、行っている事業や返済についての各種の書類の提出が必要になります。

    事業主が個人として契約を行い、フリーキャッシングを利用する場合は上記の総量規制の対象となるだけでなく、原則的に事業資金としての利用を禁止されています。フリーキャッシングはその名の通り、使い道が自由なお金の借入れを行えますが、事業資金としては利用できないことがほとんどなのです。

    逆にこのビジネスローンは事業資金としての借入れですが、生活用の資金としても利用できる場合が多いのが特徴です。その為、個人事業主の人が借入れを行う場合はこのビジネスローンを利用することが多くなっています。

    総量規制の例外の為、フリーキャッシングより限度額の上限が高いことが多く、中には1000万円のような高額な借入れを行うこともできます。実際に借入れを行える額は、事業の内容や規模、収支状態などによって決定されます。

    また、フリーキャッシングと同様に、ビジネスローンでは原則的に担保や保証人は必要としません。事業者としてそれらを必要とする借入れもありますが、それは一般的にビジネスローンとは表現しません。そのような借入れは個別の案件扱いとなります。

    個人事業主の主婦の場合

    しかし注意したいのが、主婦によるビジネスローンの利用です。上記で生活用の資金としても利用できる場合が多いと記載していますが、個人事業主の主婦の場合、ビジネスローンの利用は事業資金としての利用しかできません。

    主婦の方の生活資金の利用は認められていないので、個人事業主で収入のある方でもビジネスローンではなく、通常のフリーキャッシングを利用しましょう。

    主婦の方のフリーキャッシングについては、こちらのサイトを参考にしてください。

    事業主が銀行を利用する場合

    ビジネスローンのイメージ

    銀行ではこのビジネスローンという融資は行っていないことが多いです。上にも書きましたが、個別の案件として扱う場合や、事業者向けのカードローンを用意していることがあります。

    個別の案件はさておき、事業者向けのカードローンは、基本的に個人向けのカードローンと同様で、事業主でないと契約が行えないという点と、そのお金を事業資金に利用できる点、そして限度額の上限が個人向けのカードローンより大きいという点が主な違いです。

    銀行の場合は事業主の人に対してはこのような融資方法が多いですが、中には通常のカードローンを事業用資金として利用できる銀行があります。銀行からの借入れは総量規制の対象外となる為、消費者金融とは違って、個人として契約を行っても年収額に関係なく高額の借入れを行うことができるので、このような融資を行っている銀行もあるのです。

    事業資金はビジネスローンで!

    ビジネスローンはその特性から高額の借入れになることが多く、また、申込みの際に必要書類が多かったり、比較的審査が厳しいことが多いので、少額だけが必要な場合はつい気軽に申込みが行えるフリーキャッシングを利用してしまうこともあるでしょう。

    ですが、フリーキャッシングのお金を事業資金にしてしまっては契約違反となってしまうことも多く、銀行以外では年収の1/3が借入れを行える限度の為、事業資金としては心許ないと言えます。

    事業資金としての利用を考えている場合はフリーキャッシングではなく、このビジネスローンと銘打ったローン、もしくは銀行の事業者向けのカードローンや、事業資金として利用しても構わないカードローンを利用しましょう。

    総量規制対象外のキャッシング・カードローンなら「専業主婦」でも利用できる

    本来、キャッシング、カードローンなどを利用する為には、年齢と「安定した収入を得ている」と言う条件を満たす必要があります。年齢は各キャッシング・カードローンによって若干の違いがありますが、おおむね20~65歳程度を対象とすることが多いです。

    syuhu

    つまり、自分で収入を得る状況にある(新社会人~定年まで)を想定して年齢制限を設けています。これは「収入がある人を対象としてお金を貸す」という目的にも合致する為、最終的には「返済能力のある人にだけお金を貸す」と言うことになります。しかし、これは至極当然の事であり、返済の見込みがない人へは貸し付けを行わないのが普通です。

    しかし、一部例外的に「自分自身に収入が無くともキャッシング・カードローンを利用することができる人」と言うのがいます。例えば「専業主婦」がそれに当たります。基本的に収入が無ければキャッシング・カードローンを利用することができないという【貸し付け条件」を各社が設定していることに加え、現在では総量規制によっても年収に対して借り入れ上限が設定されています。しかし、そんな状況であっても専業主婦ならば状況によって利用することができます。

    専業主婦の場合は配偶者がある場合が普通ですので、自分に収入が無くとも配偶者の収入や信用を利用してキャッシング・カードローン契約を行うことができます。

    ただし、総量規制対象外のものを選ぶ必要があり、通常通り審査を通過する必要もあります。しかし、無事に審査を通過することができれば配偶者に内緒で借り入れを行うことも出来るため非常に便利です。総量規制対象外のキャッシング・カードローンを提供している業者全てが対応していると言う訳ではありませんので、事前にどこが対応しているのかを確認して申し込むようにしてください。

    銀行カードローンは、総量規制対象外など様々なメリットあり

    カード一枚で融資が受けられるカードローンは大変便利なものですが、特に銀行カードローンは、総量規制対象外となっているなど様々なメリットがあります。

    sumaho

    総量規制対象外

    総量規制とは、年収の3分の1以上の融資を禁止する規制の事で、信販会社や消費者金融会社のカードローンが対象となっています。
    しかし、総量規制対象外となる銀行カードローンの場合は、限度額内であれば、年収に関係なく融資を受ける事が出来ます。
    限度額も500万円~1,000万円と大きく、担保も不要です。

    それと、住宅ローンや自動車ローン等と異なり、融資したお金の利用目的を限定しない為、借りたお金を自由に使える融通性があります。
    又、限度額を超えない限り、何度でも借りたり返したりが出来るのも、銀行カードローンのメリットです。
    そして、限度額は余程の事がない限り下げられる事はありません。

    利用に際しては勿論審査がありますが、安定した収入がある場合は、アルバイトや派遣社員であっても通る確率が高いと言えます。
    主婦が利用可能かどうかですが、銀行によっては無条件に利用可能であったり、配偶者に収入があれば利用可能であるなど、殆どの場合利用可能となっています。(勿論審査はありますが)
    又、学生の場合は銀行によって扱いが異なりますが、20歳以上で収入があれば可となっている銀行もあります。

    年齢制限に関しては、下限は20歳以上で、上限は銀行により60歳以下、64歳以下、65歳以下、70歳以下等となっています。
    いずれに場合も、審査は最短で即日に終わり、その場合は即日融資を受ける事が出来ます。
    このスピードの速さも、銀行カードローンの魅力です。

    銀行カードローンのメリットを総括すると、「総量規制対象外」、「利用目的が自由」「限度額が大きく繰り返し利用可能」等です。

    即日融資は「総量規制対象外」で選ぶ

    キャッシングやカードローンを利用する際、多くの方が「今すぐにでもお金が欲しい」と言う思いを抱いていると思います。

    もし、融資を受けるまでに数週~数か月程度の余裕があるのであれば、根気よく銀行での融資をお願いした方がお得になる可能性は高いですので、少なくともそれほどの余裕がないか審査を通る可能性が高くないという状況の方がキャッシングやカードローンを多く利用しています。

    銀行系を含め、現在ほとんどのキャッシング・カードローンでは「即日融資」を行っています。

    申し込み当日中に融資が可能(状況によって変化)と言うことが最大のメリットと言え、今すぐにお金が欲しいという方にとっては非常に魅力的なものです。

    erabu

    しかし、状況的に余裕が無かったとしても「どの商品を選ぶか」と言う判断にはある程度時間をかけて検討することが重要です。それぞれの商品によって、利用できる限度額や金利が違いますし、それぞれの業者ごとに審査結果にも違いが出てきます。状況に合わせて選択していくことが必要です。

    その中で特におすすめしたい選択基準の一つが「総量規制対象外」のキャッシングやカードローンです。

    総量規制とは年収に対して個人の債務の総額を規制しているもので、これによって契約が出来ないという状況にもなるものです。しかし、総量規制は貸金業法であるため、銀行法を適用している場合には影響を及ぼさないものです。つまり、一般的な“消費者金融”では年収による借り入れ制限がありますが、銀行をはじめとする“銀行系”の場合には審査結果によって年収以上の借り入れをすることも可能であると言う訳です。

    後々の事を考慮しても、利用価値としては総量規制対象外のキャッシング・カードローンの方が断然便利ですので、どうせならばそちらを優先して利用する方法がおすすめです。

    総量規制の撤廃はありうるのか?

    総量規制というものが現在では存在しているため、専業主婦の方などといったかたは、お金を借りる際には総量規制対象外のカードローンなどを利用しないと
    いけないような状況ではあります。
    ですが、実現は決まっていませんが、もしかしたら総量規制対象外のところしかお金を借りることができない人であっても、お金を借りられるようなことが起こるかもしれないのです。

    貸金業法の改正案

    そのようなことがなぜ言いえるのかというと、昨年の四月あたりの話であるのですが、貸金業法の改正案が議論されたというような話が出てきたのでありますが、
    その案の内容のなかには、総量規制の撤廃が含まれていたのであります。

    uvduh

    その他にも、一定の条件を満たした金融業者の方であれば、提要金利の引き上げを行うといった内容のものがあり、貸金業者にパイプを持っている議員からの
    提案でこのような法案が検討されるべきというような話が出てきたようです。

    まだ、この法案については審議をされているような状況でもなく、法案の成立が実現するような話もありませんが、
    もし、この法案が成立したというのであれば、もしかしたら今までは総量規制で借りれなかった人たちが、お金を借りられる可能性がもっと広がるのです。

    企業間でも、総量規制の撤廃がされれば、企業間での競争が激しくなることが予想されています。
    総量規制対象外のところでしか借りられなかった人たちが、よりお金を借りやすくなるような状況が来るのかどうかまだわかりませんが、
    総量規制で苦しんでいるような方が救われるのであれば、規制の緩和は受け入れられるものではないかと思います。

    総量規制対象外の様々なキャシングやローンの選択肢

    今や、金融システムやスタイルは各個人の生活に合わせて、たくさんのサービスが出ています。

    総量規制対象のローンは即日融資という便利なものが大部分を占め、安全に安心してお金を借りることができるようになりました。
    総量規制の緩和により、様々な金融機関や銀行などが、総量規制対象外のサービスを提供し、利用者のニーズにこたえられる時代となりました。

    お金を必要とする人にとって、いつ融資を受けられるのか、どれだけの借り入れができるのか、ローンの形態や返済方法を選択できるということは、生活するうえで大きなメリットと言えるでしょう。

    総量規制対象外のローンであれば、どんな状況でも簡単にすぐに借り入れをすることができるようになり、困った場面を乗り越えることができるチャンスが広がってきています。

    oinsos

    生活の多様化に合わせて発展してきたこの金融システムやサービスは、多くの人に救いの手を差し伸べることができ、困難な状況を打破するきっかけを作ることができます。

    自分の生活や状況に合わせて、安全な方法でお金を借り、安心なスタイルで返済を選択する、ローンやキャッシングは、現在の社会において、人々にとってなくてはならない生活ツールとなりました。

    総量規制対象外のローンのシステムを活用して、あらゆる困難や状況を乗り越える力をつけることは、今を生きる現代人にとって、必要不可欠な知識であるとともに、今後なくてはならないようなサービスと発展することでしょう。
    生きる上で必要な知識として、現在の金融について理解を深めておくということは、非常に重要なことなのです。

    意外に多い、総量規制対象外のローンプラン

    きっとこちらをご覧の方も総量規制というコトバは聞いたことがあるでしょう。
    貸金業法の改正によって平成22年より導入されており、年収の3分の1以上の借り入れを行うことが出来ないというものです。
    とは言え総量規制対象外のローンは意外に多く存在しております。ここではその種類を紹介することと致しましょう。

    まずは住宅ローンやマイカーローンです。大口の融資申し込みとなるこれらは総量規制対象外でありますので、
    他の借り入れ総額に関係なく審査結果によっては融資を受けることが可能です。
    続いては銀行のカードローンです。

    baib

    こちらも総量規制対象外でありますので、既に消費者金融のキャッシング等の借り入れが総量規制を上回っていたとしても、
    審査状況次第では借り入れを行える可能性があります。
    そうです。つまりは総量規制のメイン対象は、信販会社等のクレジット借り入れや消費者金融でのキャッシング借り入れであることがわかるのです。
    しかし最後に、消費者金融でも総量規制対象外の融資商品があります。

    それがおまとめローンです。現在は銀行以外でもおまとめローン商品が存在しており、複数業者からの借り入れがある場合に借金を1つにまとめることが出来るプランを提案してくれます。
    確かに銀行よりは利息が高めに設定されているものの、通常のキャッシング商品よりは低く抑えられておりますので、借金を少しでも軽減するには有効であります。

    このように、あらゆる理由でお金が必要だという際に総量規制が気になるかもしれませんが、
    現在は多くの総量規制対象外のローン商品がありますので決して諦める必要は無いのです。

    銀行系カードローンは総量規制対象外です

    私たちの身のまわりには数多くのローン商品やキャッシングサービスが存在しており、現代社会で賢く生活するためにはこれらの金融サービスを上手に活用することが重要と考えられます。

    1111

    例えば社会人にもなれば突発的に飲み会に誘われることも少なくはないでしょうし、親戚や知人の冠婚葬祭に出席する機会も多くなります。
    このようなことが立て続けに起きた場合、お金がないからといって欠席をしてしまうとその後の人間関係に大きな影響を及ぼしてしまうこととなります。

    金欠の場合でもカードローンなどのすぐにお金を借りることのできるフリーローンを契約すしておけば金欠となってもスマートに問題の解決ができるのです。

    そんな便利なローンやキャッシンサービスですが現在の法律では総量規制というものがあり、借入総額が年収の3分の1を超える借り入れができないようになっています。

    しかしながら生活をするためには自分の年収以上のお金を用意しなければならないケースというのも生じることが考えられます。このような時にはどうすればよいのでしょうか。
    おすすめの方法として挙げられるのが、銀行系のカードローンを利用することとなります。

    銀行系のカードローンは総量規制対象外のローン商品であるため、他社でのキャッシングやカードローンに関係なく利用することができるのです。

    消費者金融やクレジットカード会社の借入の場合は総量規制の対象になりますが、銀行系のカードローンは銀行からの借り入れと同等の扱いとなるため総量規制対象外となっているのです。

    総量規制対象外というメリット以外にも、主婦やアルバイトでも申し込みが可能なケースが多く見られますし、銀行ならではの安心の金利で借り入れができたりと、銀行系カードローンには数多くのメリットがるのです。

    総量規制対象外のカードローン

    カードローン商品は多数の金融機関で扱われています。

    しかし、その中で総量規制対象外になっている商品は限られており、利用に応じてきちんと選択する必要があります。
    総量規制というのは、金融機関からの借り入れ金額を制限する規制です。総量規制による制限を受けると、年収の3分の1の金額までしか金融機関から借りられなくなります。しかし、総量規制が適用される金融機関と総量規制対象外の機関があるので、事前にきちんと把握してから利用するカードローン商品を選べば、高額な借り入れを受けることも可能になるのです。

    havjha

    どれが総量規制対象外?

    最も分かりやすい総量規制対象外のカードローンは、銀行で扱われているカードローンです。銀行は総量規制の対象となる貸金業者ではなく、銀行業者です。その為、借り入れ希望者の年収によって融資額が制限されることがありません。審査結果によって借りられる金額は変わってきてしまいますが、条件が良ければ年収の3分の1以上の金額を借りることも可能になっています。

    カードローンを利用する際、必要とされている金額は人によって違うでしょう。わずかな金額だけ借りたい方もいれば、高額な資金を必要としている方もいるはずです。必要な金額が年収の3分の1以上の金額になっている場合、消費者金融のカードローンでは充分な融資を受けることが出来ません。

    年収の3分の1以上の金額の借り入れを希望しているなら、絶対に総量規制対象外になっている銀行カードローンに申し込みましょう。銀行カードローンならば希望金額を満額融資してもらえる可能性が残されます。必要なお金だからこそ、しっかりと必要な金額を貸してもらえるカードローン商品を選択できるように、事前に金融機関の把握をしておきましょう。