総量規制対象外のカードローン

カードローン商品は多数の金融機関で扱われています。

しかし、その中で総量規制対象外になっている商品は限られており、利用に応じてきちんと選択する必要があります。
総量規制というのは、金融機関からの借り入れ金額を制限する規制です。総量規制による制限を受けると、年収の3分の1の金額までしか金融機関から借りられなくなります。しかし、総量規制が適用される金融機関と総量規制対象外の機関があるので、事前にきちんと把握してから利用するカードローン商品を選べば、高額な借り入れを受けることも可能になるのです。

havjha

どれが総量規制対象外?

最も分かりやすい総量規制対象外のカードローンは、銀行で扱われているカードローンです。銀行は総量規制の対象となる貸金業者ではなく、銀行業者です。その為、借り入れ希望者の年収によって融資額が制限されることがありません。審査結果によって借りられる金額は変わってきてしまいますが、条件が良ければ年収の3分の1以上の金額を借りることも可能になっています。

カードローンを利用する際、必要とされている金額は人によって違うでしょう。わずかな金額だけ借りたい方もいれば、高額な資金を必要としている方もいるはずです。必要な金額が年収の3分の1以上の金額になっている場合、消費者金融のカードローンでは充分な融資を受けることが出来ません。

年収の3分の1以上の金額の借り入れを希望しているなら、絶対に総量規制対象外になっている銀行カードローンに申し込みましょう。銀行カードローンならば希望金額を満額融資してもらえる可能性が残されます。必要なお金だからこそ、しっかりと必要な金額を貸してもらえるカードローン商品を選択できるように、事前に金融機関の把握をしておきましょう。