銀行系カードローンは総量規制対象外です

私たちの身のまわりには数多くのローン商品やキャッシングサービスが存在しており、現代社会で賢く生活するためにはこれらの金融サービスを上手に活用することが重要と考えられます。

1111

例えば社会人にもなれば突発的に飲み会に誘われることも少なくはないでしょうし、親戚や知人の冠婚葬祭に出席する機会も多くなります。
このようなことが立て続けに起きた場合、お金がないからといって欠席をしてしまうとその後の人間関係に大きな影響を及ぼしてしまうこととなります。

金欠の場合でもカードローンなどのすぐにお金を借りることのできるフリーローンを契約すしておけば金欠となってもスマートに問題の解決ができるのです。

そんな便利なローンやキャッシンサービスですが現在の法律では総量規制というものがあり、借入総額が年収の3分の1を超える借り入れができないようになっています。

しかしながら生活をするためには自分の年収以上のお金を用意しなければならないケースというのも生じることが考えられます。このような時にはどうすればよいのでしょうか。
おすすめの方法として挙げられるのが、銀行系のカードローンを利用することとなります。

銀行系のカードローンは総量規制対象外のローン商品であるため、他社でのキャッシングやカードローンに関係なく利用することができるのです。

消費者金融やクレジットカード会社の借入の場合は総量規制の対象になりますが、銀行系のカードローンは銀行からの借り入れと同等の扱いとなるため総量規制対象外となっているのです。

総量規制対象外というメリット以外にも、主婦やアルバイトでも申し込みが可能なケースが多く見られますし、銀行ならではの安心の金利で借り入れができたりと、銀行系カードローンには数多くのメリットがるのです。