ビジネスローンと生活資金への利用の注意点

ビジネスローンとは?

ビジネスローンのイメージ

おまとめローン
通常のフリーキャッシングとは別に、事業資金として借入れを行えるのがビジネスローンです。

このビジネスローンは提供される金融機関によっては事業者ローンなどと呼ばれることもありますが、内容は同じものです。

主に個人事業主や小規模事業の経営者を対象としたローンなので、そのような人でないとこのローンは利用できません。

このローンを扱っているのは銀行や消費者金融ですが、銀行ではこのようなスタイルでの融資ではなく、事業者として個別の案件となる場合や、事業者向けのカードローンを用意していることが多くなっており、主に消費者金融などの一般の金融業者から提供されています。

フリーキャッシングとの違いは?

ビジネスローンのイメージ

このビジネスローンとしての借入れは総量規制の例外となる為、年収の1/3を超える借入れが可能です。

フリーキャッシングとは違い、契約の際には収支報告者や事業計画書、返済計画書など、行っている事業や返済についての各種の書類の提出が必要になります。

事業主が個人として契約を行い、フリーキャッシングを利用する場合は上記の総量規制の対象となるだけでなく、原則的に事業資金としての利用を禁止されています。フリーキャッシングはその名の通り、使い道が自由なお金の借入れを行えますが、事業資金としては利用できないことがほとんどなのです。

逆にこのビジネスローンは事業資金としての借入れですが、生活用の資金としても利用できる場合が多いのが特徴です。その為、個人事業主の人が借入れを行う場合はこのビジネスローンを利用することが多くなっています。

総量規制の例外の為、フリーキャッシングより限度額の上限が高いことが多く、中には1000万円のような高額な借入れを行うこともできます。実際に借入れを行える額は、事業の内容や規模、収支状態などによって決定されます。

また、フリーキャッシングと同様に、ビジネスローンでは原則的に担保や保証人は必要としません。事業者としてそれらを必要とする借入れもありますが、それは一般的にビジネスローンとは表現しません。そのような借入れは個別の案件扱いとなります。

個人事業主の主婦の場合

しかし注意したいのが、主婦によるビジネスローンの利用です。上記で生活用の資金としても利用できる場合が多いと記載していますが、個人事業主の主婦の場合、ビジネスローンの利用は事業資金としての利用しかできません。

主婦の方の生活資金の利用は認められていないので、個人事業主で収入のある方でもビジネスローンではなく、通常のフリーキャッシングを利用しましょう。

主婦の方のフリーキャッシングについては、こちらのサイトを参考にしてください。

事業主が銀行を利用する場合

ビジネスローンのイメージ

銀行ではこのビジネスローンという融資は行っていないことが多いです。上にも書きましたが、個別の案件として扱う場合や、事業者向けのカードローンを用意していることがあります。

個別の案件はさておき、事業者向けのカードローンは、基本的に個人向けのカードローンと同様で、事業主でないと契約が行えないという点と、そのお金を事業資金に利用できる点、そして限度額の上限が個人向けのカードローンより大きいという点が主な違いです。

銀行の場合は事業主の人に対してはこのような融資方法が多いですが、中には通常のカードローンを事業用資金として利用できる銀行があります。銀行からの借入れは総量規制の対象外となる為、消費者金融とは違って、個人として契約を行っても年収額に関係なく高額の借入れを行うことができるので、このような融資を行っている銀行もあるのです。

事業資金はビジネスローンで!

ビジネスローンはその特性から高額の借入れになることが多く、また、申込みの際に必要書類が多かったり、比較的審査が厳しいことが多いので、少額だけが必要な場合はつい気軽に申込みが行えるフリーキャッシングを利用してしまうこともあるでしょう。

ですが、フリーキャッシングのお金を事業資金にしてしまっては契約違反となってしまうことも多く、銀行以外では年収の1/3が借入れを行える限度の為、事業資金としては心許ないと言えます。

事業資金としての利用を考えている場合はフリーキャッシングではなく、このビジネスローンと銘打ったローン、もしくは銀行の事業者向けのカードローンや、事業資金として利用しても構わないカードローンを利用しましょう。