総量規制対象外のキャッシング・カードローンなら「専業主婦」でも利用できる

本来、キャッシング、カードローンなどを利用する為には、年齢と「安定した収入を得ている」と言う条件を満たす必要があります。年齢は各キャッシング・カードローンによって若干の違いがありますが、おおむね20~65歳程度を対象とすることが多いです。

syuhu

つまり、自分で収入を得る状況にある(新社会人~定年まで)を想定して年齢制限を設けています。これは「収入がある人を対象としてお金を貸す」という目的にも合致する為、最終的には「返済能力のある人にだけお金を貸す」と言うことになります。しかし、これは至極当然の事であり、返済の見込みがない人へは貸し付けを行わないのが普通です。

しかし、一部例外的に「自分自身に収入が無くともキャッシング・カードローンを利用することができる人」と言うのがいます。例えば「専業主婦」がそれに当たります。基本的に収入が無ければキャッシング・カードローンを利用することができないという【貸し付け条件」を各社が設定していることに加え、現在では総量規制によっても年収に対して借り入れ上限が設定されています。しかし、そんな状況であっても専業主婦ならば状況によって利用することができます。

専業主婦の場合は配偶者がある場合が普通ですので、自分に収入が無くとも配偶者の収入や信用を利用してキャッシング・カードローン契約を行うことができます。

ただし、総量規制対象外のものを選ぶ必要があり、通常通り審査を通過する必要もあります。しかし、無事に審査を通過することができれば配偶者に内緒で借り入れを行うことも出来るため非常に便利です。総量規制対象外のキャッシング・カードローンを提供している業者全てが対応していると言う訳ではありませんので、事前にどこが対応しているのかを確認して申し込むようにしてください。