総量規制の撤廃はありうるのか?

総量規制というものが現在では存在しているため、専業主婦の方などといったかたは、お金を借りる際には総量規制対象外のカードローンなどを利用しないと
いけないような状況ではあります。
ですが、実現は決まっていませんが、もしかしたら総量規制対象外のところしかお金を借りることができない人であっても、お金を借りられるようなことが起こるかもしれないのです。

貸金業法の改正案

そのようなことがなぜ言いえるのかというと、昨年の四月あたりの話であるのですが、貸金業法の改正案が議論されたというような話が出てきたのでありますが、
その案の内容のなかには、総量規制の撤廃が含まれていたのであります。

uvduh

その他にも、一定の条件を満たした金融業者の方であれば、提要金利の引き上げを行うといった内容のものがあり、貸金業者にパイプを持っている議員からの
提案でこのような法案が検討されるべきというような話が出てきたようです。

まだ、この法案については審議をされているような状況でもなく、法案の成立が実現するような話もありませんが、
もし、この法案が成立したというのであれば、もしかしたら今までは総量規制で借りれなかった人たちが、お金を借りられる可能性がもっと広がるのです。

企業間でも、総量規制の撤廃がされれば、企業間での競争が激しくなることが予想されています。
総量規制対象外のところでしか借りられなかった人たちが、よりお金を借りやすくなるような状況が来るのかどうかまだわかりませんが、
総量規制で苦しんでいるような方が救われるのであれば、規制の緩和は受け入れられるものではないかと思います。